京都府京田辺市の【療術】整体院      慢性痛はもちろん慢性病まで対応      【完全予約制】   営業時間 9:00~20:00 (日・祝定休)  

腰部椎間板ヘルニア

  • 腰だけでなく足まで痺れてきた
  • 腰が痛くて、趣味のスポーツができない
  • 病院で椎間板ヘルニアと診断されたが、手術はしたくない
  • 痛み止めを飲んで、シップでごまかしているが効かなくなってきた
  • 注射を打っているが、何度も打ちたくない

当院でお手伝いさせていただく腰痛のなかでもよくあるのが腰部椎間板ヘルニアです。

耐え難い痛みがあるにもかかわらず、病院・整形外科や接骨院、整体院などに通った結果、あまり効果が感じられなかったという方がよくおられますね。

もしあなたがつらい腰部椎間板ヘルニアでお悩みなら、当院の施術について書きましたのでぜひご一読ください。

腰部椎間板ヘルニアとは?

病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断をうけたのであれば、以下のような説明を受けていると思います。

「背骨の骨と骨の間にある軟骨が何らかの原因によってつぶれ、それによって神経が圧迫されて、痛みやしびれがでています。」

飛び出した軟骨は放っておいてもへっこむことはないので、一般的には手術しかないように思われていますが、

・同じ人でも症状のある時とない時がある
・症状の全くない人にもヘルニアがあることがある

・手術したのに痛みが改善しない

このようにヘルニアがあるだけでは症状がでないことばかりか、飛び出した髄核を手術で取り除いても痛みが変わらない場合もあるのです。

レントゲンなどの画像ではたしかに神経が髄核にあたっているように見えるのですが、実際の身体は平面ではなく立体です。立体で考えると飛び出た髄核をよけていることもあると考えられます。このような場合だと痛みの原因が髄核ではないため、手術しても痛みは変わりません。

というより、本当に髄核が飛び出していることが原因であれば適応は手術以外ないはずですが、これまで当院でお手伝いしたクライアントは高い確率で症状の改善がみられています。

坐骨神経痛のページでも述べましたが、経験上多くの場合が内臓・特に腸の問題で坐骨神経に障害がでていることが多いようです。

腰部椎間板ヘルニアにはこのようなお手伝いをします

一例として以下のような対応を行います。

  1.  詳細なカウンセリングによる日常生活環境の改善
  2.  詳細なカウンセリングによる食事の問題点の洗い出し
  3.  手技による骨格調整
  4.  手技による筋肉調整
  5.  内臓調整による血流改善


当院ではお身体の治癒力のベースが上がるような調整を行い、腸の位置を戻します。これだけでかなりの症状の軽減が可能です。上記以外でもメンタルの問題や食事、外部からの物理的刺激による影響など様々な要因がありますので、都度そこに合わせた施術を組み合わせ、日常生活での問題点も変えていっていただくことで継続的な症状の改善と健康的な生活を送るお手伝いを致します。

当院の施術の流れはこちら

初回ご来院時にはこちらから問診表をダウンロートしていただき、記入してご持参いただけるとお時間の短縮になります。3枚あり回答箇所が多いですが、すべて大切な確認内容ですのでしっかり読んでご回答をお願いいたします。


完全予約制・初診の方は一日2名まで
 電話受付時間 

9時 ~ 20時 

 定休日 

日曜日・祝日

 お電話でのご予約 

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。

 0774-64-4116

メールでのご予約こちら

LINEでのご予約こちら

>せっかくの人生、笑って有意義に過ごしたくないですか?

せっかくの人生、笑って有意義に過ごしたくないですか?

あなたが「気楽に笑って日常を過ごす」、また「目標に全力で向かう」ためのお手伝いができればうれしいです。
よいご縁がありますように・・・。

CTR IMG